なくなった有限会社

今まで、小さな会社を設立するためにあった有限会社が、会社法が改定されてから廃止されてしまいました。そのため、新しく有限会社を設立することはできません。では、今現在既存している有限会社はどうなるのでしょうか。それは特別な手続きをしなくとも、特例有限会社として存続することが可能になっています。また、存続期間の制限もありません。しかし、有限会社という名前だけで、会社法上では株式会社と同じ扱いになります。株式会社のついた商号に移行することも可能になっています。

なぜ廃止になってしまったのでしょうか。それは、有限会社は株式会社と比べて信用性がとても低かったため、無理をしてでも株式会社を設立する人が多かったというのも原因にあります。このような例を参考にし、会社法が改正され、株式会社に一本化されました。