◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・ ◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・

銀行印や認印の違い

銀行印や認印など同じ印鑑でも名称がことなります。実印、認印、銀行印などの違いいとは何でしょうか。また、目的により用途は異なるのでしょうか。
同じものなのに違う必要があるのでしょうか。

実印、認印、銀行印というのは,使用する場面での、名称になります。全く同じ印鑑でも、使用する目的や場面により、印鑑の名称が異なってきます。
安い印鑑であっても、役所に手続き行い、実印登録をすませれば実印になります。また高級な印鑑を、実印や銀行印としてのほか、認印としても利用することが出来ます。印鑑の質や値段には関係はありません。
実印、銀行印、認印とは、使い手がどのような印鑑の使い方をするかによってはまったく役割が異なる印鑑になります。

◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・ ◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・◎`・v・