正式書面におけるリスクヘッジ編

割印

正副2通の書類の割印として、使用する印鑑です。
2通の書類が同じであることを証明し、2通にまたがるように捺印します。 その書類上で使用したすべての印鑑での割印が一般的です。

契印

契印(ちぎりいん)とは契約書などの重要な書類が複数枚になる場合にそれらが1つの書類であることを証明するために使用される印鑑です。 これを使用することで書類への他の書類の差し込みや差し替えを防ぐことができます。
一般的に使用する印鑑はその書類内で使用した印鑑すべてが必要になります。

止印

止印とは重要な書類上において文章の後に余白ができてしまった場合に、 そこに後ほど文章が書き足されないように文章の最後に押す印鑑です。 一般的に使用する印鑑はその書類上に使用した印鑑が必要となります。